読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新・高田絢子な日々

毎日を満喫するために模索中です。

昼下がりに美しく儚い音楽を。pivot!ランチタイムコンサートは来週!

おはようございます、高田絢子です。

 

前回、アナウンスさせていただいたpivot!ランチタイムコンサートまで

あと1週間ほどになりました。

美味しい食事も食べて音楽を楽しむ。そんな優雅なお昼時間を過ごしませんか? - 新・高田絢子な日々

 

昨日は最後のリハーサルをやりました。

練習をしながら

プログラムの並びを確認したり

進行の確認をしたりして

本番までのイメージトレーニングを重ねます。


f:id:ayakotakada:20170325200954j:image

 

今回の目玉はやはりオーボエじゃないかと。

リハーサルをしてみて、

オーボエの音色の美しいこと。

神秘的でどこか遠くから聞こてくるような

人間らしさとは少し離れているような

そんな不思議な音がするオーボエの音色に魅了されています。

 

 今回オーボエと演奏させていただく

 

nella fantasiaは大好きな曲の一つ。

メロディ、ハーモニーの美しさだけではなく、

歌詞も美しい珠玉の一曲です。

オーボエの神聖な音ともマッチしていて、

かなり満足しています。

 

林よう子、今野沙知恵 、村松恒矢、

三人の優しい歌声にもフィットしていると思います。 

 

茂木健一郎さんが、自身の著作で言っていた

音楽は憧れから始まる

という言葉がまさにぴったりな

美しい一曲をぜひとも皆様にお届けしたいです。

 

今回のプログラムは

 

〜愛と出会いと別れと〜というテーマで、


1.ピアノ独奏
L.v.ベートーヴェン 作曲
ピアノソナタ第26番
変ホ長調 作品81a “告別”


2.ソプラノ独唱
G.プッチーニ 作曲
オペラ『ラ・ボエーム』より“あなたの呼ぶ声に(告別の歌)”


3.オーボエ独奏
B.ブリテン作曲
“六つのメタモルフォーゼ”より


4.ソプラノ独唱
團伊玖磨 作曲
オペラ『夕鶴』より
“さよなら”


5.バリトン独唱
W.A.モーツアルト作曲
オペラ『フィガロの結婚』より
“もう飛ぶまいぞこの蝶々”

 

休憩

1.
W.A.モーツアルト作曲
オペラ『魔笛』より
パパゲーノとパミーナのデュエット
“愛を知る者は”


2.パパゲーノのパパゲーナのデュエット
“パ・パ・パ”

 

3.J.パッヘルベル作曲
『カノン』より
Dreams come true


4.E.モリコーネ作曲
“Nella fantasia”


5.E.エルガー作曲
“愛の挨拶”


6.R.ワーグナー作曲
オペラ『ローエングリン』より
“結婚行進曲”


7.R.プライズマン 作曲
“彼方の光”

8.E.エルガー作曲
“威風堂々”

 

をお届けする予定です。

人生の中で決して避けて通ることができないことが

別れと出会いなのではないかな、と思います。

 

儚いからこそ存在する美しさを

表現したいです。

 

 
f:id:ayakotakada:20170325211757j:image

 

船津美雪 with

林よう子、今野沙知恵、村松恒矢、高田絢子

 

で皆様でお待ちしております!

 


f:id:ayakotakada:20170325211919j:image

 

写真のポーズはバリトンの村松恒矢が

考えてくれました。

いつもありがとうございます(笑)

 

 

広告を非表示にする